ウィルチェアーラグビーってなんですか?

競技概要

四肢麻痺者(頚骨損傷や四肢の切断、脳性麻痺などで手足に障害を持つ人)が車いすでチームスポーツをする機会を得るために1977年にカナダで考案されたスポーツです。2000年のシドニーパラリンピックから公式種目となりました。日本では1996年から導入されました。

競技には、ラグビー、バスケットボール、バレーボール、アイスホッケー等の要素が組合せられており、バスケットボール用のコート(28m×15m)で行います。

使用するボールは公式バレーボール5号球です。

車いすは、専用の車いすを使用します。
(車いすには、相手の車いすを止めるためのバンパーや、相手の車いすから逃れるためのウィングが取り付けられています。)

基本ルール

競技時間は、1ピリオドが8分間で4ピリオド行われます。


photo by joey

1チームは4名の選手で構成し、選手は、車いすの操作やボールを扱う能力(障害のレベル)により0.5点、1.0点、1.5点、2.0点、2.5点、3.0点そして3.5点の7クラスに分類され、競技中のコート上の4選手の持ち点の合計は8.0点を越えてはいけません。

ボールを、投げたり、転がしたり、バスケットのようなドリブルや、ひざの上に乗せて運びますが、10秒間に一度はボールをドリブルするかパスをしないといけません。

タックル(相手の車いすに自分の車いすを衝突させたり引っかけたりすること)により相手の攻撃や防御を阻止することが認められています。

パスを回し、タックルを駆使して、ボールを持ったオフェンス側の選手の車いすの2輪が、バスケットボール用コートの両端に設けられた8mのゴールライン上に、達するか通過すると得点になります。


ページトップに戻る

もっと簡単な説明はないですか?

一目で解かるラグビー図解

一目で解かるラグビー図解
Copyright (C)TUBE GRAPHICS

ラグビーの説明を図解したものです。

画像をクリックしてください。拡大します。


ラグビー用の車いすってどんな形ですか?

選手の役割に合わせ、大きく分けて2種類あります。

選手の身体能力によって「ハイポインター」と「ローポインター」に分かれます。それぞれのチーム内の役割は異なるため、役割に適した車いすを使用します。

・ハイポインター用
ボールを保持し、ゴールへ向かう「ハイポインター」は、敵から引っ掛けられないように、車体の前面をウィングで囲った車いすを使用します。

・ローポインター用
味方のために終始ディフェンスに徹する「ローポインター」は、長い車体と大きく作られたバンパーが特徴的な車いすを使用します。


ハイポインター用

ローポインター用


補足:他の競技との車いす比較

他の競技との車いす比較
Copyright (C)TUBE GRAPHICS

他の車いす競技で使われる車いすの比較図です。

画像をクリックしてください。拡大します。


ページトップに戻る

どこにチームがありますか?

北は北海道から、南は沖縄まで…

全国で12チームが活動しています。(2017年度)

北海道ビッグディッパーズ (北海道・Facebook)
SILVERBACKS (北海道)
神威 (北海道) -未登録チーム-
TOHOKU STORMERS (宮城)
RIZE CHIBA (千葉)
BLITZ (埼玉)
横濱義塾 (神奈川・Facebook)
HEAT (大阪・Facebook) 
Freedom (高知)
Fukuoka Dandelion (福岡)
Okinawa Hurricanes (沖縄・Facebook)
ページトップに戻る